振動のこと

 ◤  除振とは

  ◤  電子顕微鏡の除振

 ◤  除振機器に必要なこと

 振動のこと

振動は、ある量が時間に対して繰り返し変化する現象です。身近にある振動現象には、振り子地震などがあります。

 u  身近な例  u

電車に乗ると様々な形態からいろいろな振動現象を感じることができます。

 

1. 乗降の際に車体が傾き、また元の状態に戻るときにゆっくりとした揺れを感じます。

これは電車の車体を支えるバネにより起こります。

2. 電車が走ると、上の(1.)のゆっくりとした揺れの中に、レールの継ぎ目や起伏による車輪走行時のリズミカルな揺れを感じます。

3. そのほかに車体に付属するコンプレッサーなどの電気設備から発生する、小刻みにブルブルふるえる振動があります。

この環境の中で座って本を読むことを考えます

本の字が読めないのは、振動のために自分の目と本を持つ手が一体にならず、目で字を追えない現象が起こっているからです。

たとえば
1. 座席に背中をつけて、腕を縮めて脇を締め、さらに窓に頭をつけて本を読みます。目は頭からの振動を受け、字は読めません
 

2. 頭を窓から離すと直接の要因がなくなり、よく見えるようになりますが、まだ背中から振動が入り、縮めた腕にも体から直接振動が入り、読みづらくなるときがあります。

 

3. 最も良い方法は座席に浅く座り、背中を座席から離し、腕をのばして本を読むことです。振動は下半身には感じますが、手と目には障害になる振動が低減され、すっきりと本が読めるようになります

読めるようになった理由は・・・

それまで小刻みに揺れていた手の振動がゆっくりした揺れしか感じられなくなり、目で追えるようになったからです。

これは腕を縮めて体を硬くしていたことで、背中から直接入っていた振動が、手を小刻みに震わしていたのに対し、この小刻みな振動が下半身から入るようになり、腰から背中、首に支持される頭と、腕を伸ばして支持されることになった手が、体の構造によるバネ効果により柔らかくなり、下半身から入力される小刻みの振動はゆっくりした振動に変換されて目で字が追えるようになるのです。

詳しい説明